えあぱそリターンズ モテたい
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


モテたい

どうすればモテるのか。

1.
『好かれる』と『モテる』は区分するとやや違う気がする。好かれるというのは並列的な関係であって、モテるは高いところに居て偉そうなイメージがする。てことでモテるのほうが高度だと勝手に解釈する。
で。つまりモテる奴というのは、自身は無関心な相手からも好意を得るような奴を言うんだと思う。好いてくる相手が複数人いるという事も、モテるというニュアンスにさらに磨きをかける。
ま、こんなこと言わなくても、モテるのイメージは漫画とか日常とかで大体は理解しているものとして勝手にすすめます。一応先に言っておくと、顔やパーツが良いだけで需要はあるのでモテたりする。(悔しいですね)

2.
外見が凡庸な人間は、どうすればモテるのか。
もちろん、対象と接触するのは大いに有効である。だが必須条件ではない。上記にあるように、こちらから熱心にアプローチをして相手の心を得るのは『好かれる』であって『モテる』ではない。
単純にモテのみを追求するならば、ただただ黙って相手が釣れるのを待つしかない。その釣り(長丁場の可能性も高い)で重要となってくるのが、いわばステータス(餌)であることは周知の事実であろう。
てなわけで、別段モテるわけでもない私が勝手にモテるための要素を出していこうと思う。

3.
男の場合。
心に余裕がある(ように見える)ことが大事ではないのかと思う。起こった事象にいちいち腹を立てている人か、嫌な事も寛容に受け止める人かどっちかっていうね。まあ極論ですけども。
余裕がある人からは、安定感・安心感が生まれ、打ち解けやすくなるのは想像がつくと思う。

次に気の利いた人間が好かれる傾向にあるのも当然ではないだろうか。やはり周知の物事に目を向けられるというのは重要なことであり、ほんのささやかな気遣いが、逆に目に見えた親切より嬉しかったりすることは多い。ここで大事なのは、あくまで気遣い(親切)を善行という意識を持たず当たり前のようにやるべきである。わざわざ自分の優しさをアピールする程度では器が知れる。

最後に、マイナス要素を生まない人間、というのが肝心なのではないだろうか。普段人と付き合うときは加減法、つまりプラスマイナスで評価している節があると思う。そして良い人であればあるほど、その人が何か自分にとって嫌なことをしてしまったときのマイナス点は大きい。ギャップって言えばしっくりくるだろうか。
つまりはプラス要素を高めていくよりも、マイナス要素を減らしていくことが、結果としてトータルで高得点をたたき出すことになるのである。『好かれる』前に『好かれない』要素を減らしていくのは重要であると言える。

具体例とか書くと、「何コイツw」とか言われかねんので、そのへんは自分で察して欲しい。あ、ついでに空気を読めることも大事だと思う。それと物事においての間合いを熟知することも同等である。押しすぎず引きすぎず、この境界線の見極めは人付き合いにおいて必須なのではないだろうか。
ただし、この二つは意識的な行動というよりは天然・本能で行ってる場合が多いので、どうしても自分が出来ていないと思った方は、出来ている人をよく観察するのが良いと思うよ。

続けます。

2009/02/20 23:56 | 平常散文。COMMENT(2)


コメント

外見が凡庸な男のモテかたの話なのにイメージ画像がめっさイケメンしか浮かばないw

No:80 2009/02/21 08:16 | てぃる #- URL [ 編集 ]

ま、顔がマイナス要素になる可能性がある人はどうするんだっていうね。

No:81 2009/02/22 00:29 | カナタ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。