えあぱそリターンズ 2009年01月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


SOS

「キミに見せたーい 景色がー♪」

「…なぁ」

「いつまーでも じっとしちゃいられーないっ!」

「…俺の話聞いてる?」

「あと何万マーイル 走ってもー♪」

「何万マイル走らせるのはいいけど、ガソリン代払えよ」

「愛がっあればっ どこまででも行けるさぁ!」

と、まあ、友達の車でSOS(Skoop On Somebody)のETERNAL LANDSCAPEを熱唱してたんですが、何マイルか走った先で降ろされて本当にSOSになりました。

スポンサーサイト

2009/01/31 01:31 | 低温日記。


注目タグがよくわからない

常にI'veが注目タグに含まれていて疑問に感じる。I'veってとあのI'veしかないよなあ。

L'Arc~en~Ciel浜崎あゆみは、まあ純粋にファンが多いからなのだと思う。斉藤和義も最近やたらとヒットを飛ばしているのでありうる。ただキムチってなんだ。

おれはテレビを見ないので新手のピン芸人かと思ったが、やはりキムチキムチなようだ。
他にも「朝食」「オセアニア」「pop'nmusic」など、「本当に注目してんの?」ってのが目立つ。

どうせならこのタグ全部つなげて文章が作れないか考えてみた。

-「では斉藤和義さん、ツアーで世界を廻られたときの話なんかも・・」
斉「いやー、僕がオセアニアでライヴしたときの朝食はもっぱらキムチで、食後はpop'nmusicしてましたね。あぁあとL'ALSACIENNEクッキーばかり食べてました」
-「なるほど…、今年の目標とかありますか?」

まあここまで考えたんだけど、斉藤和義の口から浜崎あゆみなんて出るわけないし、I'veB'zは妙にタイピングしにくいという結果だけを述べて終わります。

タグ : I've L'Arc~en~Ciel 浜崎あゆみ 斉藤和義 キムチ 朝食 オセアニア pop'nmusic L'ALSACIENNE B'z

2009/01/30 23:37 | 平常散文。


第664回「あなたにとってのおふくろの味は?」

塩味

2009/01/29 22:20 | 平常散文。


今日の小言

・「まんがかん」で変換してやっと一発で「漫画館」になるようになりましふおおおお

安土城を作りかけました


透撮透撮
(2008/12/17)
日本透視写真研究会・編

商品詳細を見る

・こいつを書店で立って読みきったら、同行していた友達が消えていました

2009/01/28 22:51 | 低温日記。


テキストサイトに~ の続き

456456様
>>媒体に使われる技術がいくら新しくたって、内容が新しくなければ同じことで…。

新しい内容、というものも大衆のニーズが掴めるかどうかわかりませんが、何でもやってみろってことですかね。

>>そうなったときに、みんながそーっと戻ってきてくれたらいいな、って思ってます。少なくとも私は、そう信じてます。
そしてそのときに、戻ってきた人の心をガシッと掴むようなクオリティのサイトが作れていたらいいなあ…と思います。日々精進です。


時代が一巡するのは、特別珍しいことじゃないですもんね。たまごっちも今流行ってるみたいですし。
高いクオリティを持ったライターをネットから消さぬよう、発掘のほうでも努力したいところであります。

2009/01/27 23:11 | 平常散文。


ウンコマーンアホ

僕やふれでが愛用している携帯のメーカーはNokiaといいます。その使いにくさとレスポンスの悪さ、メモリーカードからシステムが書き換えられる奇抜さ等から国内にもコアなファンがいる、世界シェア断トツの良会社です。

日本では人気はすこぶる低く、日本から撤退?などと言った悲しいニュースを最近ききましたが、今度はホットなニュースです。

ノキア・ジャパン新社長にウコンマーンアホ氏

沸点が低くてすみませんでした。もうNokiaに希望はないのでせうか…。

2009/01/26 21:18 | 平常散文。


FとMの行方2

みねお さんが会話に参加しました。

ふ さんの発言:
こんばんは
みねお さんの発言:
こんばんわー
みねお さんの発言:
はんぺんの議論してたのに邪魔してすいません
ふ さんの発言:
ああいや
ふ さんの発言:
そんな男同士ぺちぺちしても楽しくないんで
みねお さんの発言:
はんぺんおいしいですよね
みねお さんの発言:
それはそうと
みねお さんの発言:
告白します。
ひ さんの発言:
おうんこ
ふ さんの発言:
はんぺん好きは
ふ さんの発言:
告白されたけど
みねお さんの発言:
違いますよーー
みねお さんの発言:
ふれさん
みねお さんの発言:
すっすすす
ふ さんの発言:
すもももももももものうち
みねお さんの発言:
すーー
ひ さんの発言:
おうんこ
みねお さんの発言:
すきです
ふ さんの発言:
犯罪だろ年齢的に…
みねお さんの発言:
たった二つしか違いません。
ふ さんの発言:
正しい道に戻るなら早めに戻っておいた方がいいよ

みねお さんの発言:
じゃあ リンクしていいですか
ふ さんの発言:
ああ合体させてもらって結構です
みねお さんの発言:
ありがとうございます
ひ さんの発言:
お盛んね
ふ さんの発言:
多分暇があれば近日中に仕返ししておきます
みねお さんの発言:
相互となったときは
みねお さんの発言:
勝手に両想いということで
ふ さんの発言:
確かに両親想いのいい息子ですけどね
みねお さんの発言:
うう

ふ さんの発言:
なんか個人的には 栄養配分どうせちゃんとしてないんでしょっ!カレー余ったから持っていってあげる!あ、余ったから持っていってあげるのよ!
ふ さんの発言:
っていうのが好きなんですけど
みねお さんの発言:
って言えば好きになってくれるんですね
ひ さんの発言:
にゃんまげ
みねお さんの発言:
カレー食べたい
みねお さんの発言:
カレーなら作れます
ふ さんの発言:
カレーって言ってもあれだよ
ふ さんの発言:
あの人間が精製するほうじゃないやつね
ひ さんの発言:
ロドリゲス!
ふ さんの発言:
さすがにちょっとそっちの気はないんだ
ひ さんの発言:
室伏広治…
みねお さんの発言:
わかんないです・・・

みねお さんの発言:
好きです
ひ さんの発言:
金玉爆発するほど痛い
ふ さんの発言:
どうもありがとうございます
みねお さんの発言:
ありがとうございますー
ひ さんの発言:
あ やべ 3つになった
みねお さんの発言:
寝ます!
ふ さんの発言:
おやす
ひ さんの発言:
なんだ残像か

2009/01/25 23:31 | 人外正伝。


FとMの行方1

side:F

ひ さんの発言:
http://stupid1016.blog79.fc2.com/blog-entry-610.html
ひ さんの発言:
おれの悪い影響をまんまうけた記事を見つけた
ふ さんの発言:
>みんな禿げろ!
ふ さんの発言:
これが
ひ さんの発言:
なんか女の子なのにかわいそうだな
ふ さんの発言:
ああ女の子なのか残念だな

ひ さんの発言:
相槌をさあ
ひ さんの発言:
尋常じゃない単語にかえればいいと思うんだよ
ひ さんの発言:
「はんぺん!」
ふ さんの発言:
はんぺん・・・って感じの方が
ふ さんの発言:
いいな。いいな!
ひ さんの発言:
それだと可愛いな
ふ さんの発言:
あーはんぺんぺちぺちしたい


side:M

みねお さんの発言:
ふれさん
みねお さんの発言:
告白したい
ひ さんの発言:
今しますか
ひ さんの発言:
おれと今はんぺん・・ って女の子が言えば可愛いって議論のさなかですけど
みねお さんの発言:
議論の邪魔になるのでまたいつかw
ひ さんの発言:
いや していいですよ
ひ さんの発言:
ちょっと聞いてみます
みねお さんの発言:
いやあのその
みねお さんの発言:
そんな
みねお さんの発言:
いやいや
ひ さんの発言:
何どうする
ひ さんの発言:
するって言えば
ひ さんの発言:
いつでもメッセに加えるけど
みねお さんの発言:
ええ
みねお さんの発言:
どうしようかな
みねお さんの発言:
します
ひ さんの発言:
ほに はんぺん を巧みに使えば
ひ さんの発言:
落とせます

つづきます。

2009/01/24 13:17 | 人外正伝。


ほかに食べるものがない

昨日のパスタ:カルボナーラ
今日のパスタ:ボロネーゼ
明日のパスタ:サルモーネ

ペスカトーレ、メランツァーナ!
それなんてコンタディーナw
テラスカンピwwバジリコバジリコwwww
プッタネスカとかマジアマトリチャーナ…

役にたたねえ…。

2009/01/23 23:47 | 平常散文。


アイヲクダサイ(切実に)

俺「何も~いらない~から 愛を~ください~」(裏声)

友「…」

俺「何も~いらない~から 愛を~ください~」(ここしか知らない)

友「おこがましい

2009/01/22 21:51 | 低温日記。


バイクからもの凄いピーピー音がする

トップ絵に昔使ったキャラクターをいろいろと追加していったのですが、わけがわからなくなってきました。明日戻します。

ちなみに今日の晩御飯は、友人たちと適当なsaizeriya(セイゼリア)にいったら成り行きでカルボナーラが出てきました。
「五十嵐くんには半熟タマゴあげちゃう」なんて言われても、おれは毎日カルボナーラの前に温泉タマゴを作ってからパスタを茹でてるし、さらに言うなれば半熟タマゴが乗っただけで値段が80円も上がるメニューに奮起したので、おいしくいただきました。

タマゴ1個に80円の付加価値はあるとは思えないのですが、コンビニでは優先してタマゴ付きを買ってしまう自分が不思議です。

2009/01/21 23:33 | 低温日記。


パスタを食べるとお腹がすく

最近、特にすることがないのでパスタを茹でては食べての繰り返しの生活なのだが、どうもこの作業にも問題が生じる。

パスタを食べるとお腹がすくのだ。

一応100g茹でてるし、玉葱もベーコンもクリームソースも使っているので、豪華っぽさは演出されるわけであるが、どうもお腹が物足りない。というよりは食べて数時間したら猛烈に空腹症状がでる。←いまここ

かといって食後に何か食べてしまうと、せっかくパスタで節制している意味がなくなってしまうし、どうにかいい方法はないものか。いろいろ試してみた。

1.祈祷してみる
「おおパスタよ、パスタさん…いえパスタ神よ、どうか私の空腹を満ちたらさせしめん!」
後半の文法は置いといて、まるで効果はでなかった。

2.箸で食べてみる
丸い箸はパスタをするすると皿に落下させてソースが派手に顔まで飛んだ。AVでよく見る顔射の気分が少しわかった。

3.叫ぶ
カルボナーラに向かって「ナポリタン!」と叫んでみたが反応はなかった。

4.パスタの長さを半分に
「量は増えるかも!」と思って全部半分に折って茹でてみた。
当然のことながら量は増えず、さらにはパスタを食べる楽しみが半減した。

5.友人を招いて食べる
200g茹でて150gを一人で食べた。お腹は満ちたが、交友関係に亀裂が走った。


結論:どうしてもお腹がすくのでチョコレートを食べた。サルモーネが食べたいよう。

2009/01/20 14:02 | 低温日記。


没ネタ

おそらく最も力をいれてるであろう、「トイレにいきたい」の第一部『童貞とトイレ』が無事に終わったところで、最初に考えてたことを書きます。

当初は本の帯っぽいのにも書いてあるとおり、ミステリーを書く予定でした。でもトイレにミステリーはないと判断したのでやめました。
それとは別に、凄い形で打ち切られたケータイ小説「蒼井空」にて特殊能力バトルを展開する予定だった僕としてはトイレにまつわる特殊能力バトルを書こうかとも思いました。
三分ほどひねった結果、“公衆トイレのドアを触らずに開け閉めできる”なんていう主人公にあるまじき能力しか思いつかなかったので諦めました。

で、恋愛と絡めて書くという今のスタンスに至ったわけですが、他にもいろいろ削りました。

・主人公がドS
→単純に感情移入しやすかったというのがありますが、読者ウケは悪そうなのでやめました。

・師岡さんが腐女子
→これも同じ理由でやめました。ポルノ映画館行くあたり普通ではなさそうですが。

・店長がいい男
→蒼井空で、結局パロディ路線を続ける体力がなかったことを思い出してやめました。

・新宿のトイレからあの男が蘇る
→まさかのクロスオーバーを狙ったのですが、舞台が地元京都ということで友情出演になりそうです。


以上です。個人的には一番気合はいってるので読んで頂ければ嬉しいです。

2009/01/19 23:58 | 平常散文。COMMENT(0)


センター2

願書はどうして出したのかという質問に、「気付けば受験票が手元にあった」と答える友達は嬉しそうに試験会場に入っていった。
ていうか僕の後ろだった。勘弁してくれよ。

世界史Bのテストが始まって10分、背後から音がする。
「できた、できたよ…」
明らかに僕へと向けたメッセージは、音量バランスが乱れていたため半径5mぐらいの人間はドキっとしたかもしれない。

幸い試験管にはバレなかったようだが、どうして10分で試験が終わってしまうのか。一応まともな受験生として彼へ質問してみた。

「何してたんだよ」
「俺、世界史Aまでしかやってなかったわ…」

こうして彼は大学に合格した。

2009/01/18 23:23 | 人外正伝。


センター1

某私立大学の校門前に僕らは自転車で到着した。交通費をケチって高い試験を受けるのも何か矛盾してるような気もするが、僕は自転車が好きだったのだ。ついてきた友人はバテていた。

そこでは塾や学校の応援団がそれぞれ形成されており、高校受験のときを思い出した。ああこれからテストが始まるのだなとほうけていると、遠くのほうで見覚えのある人影が近づいてきた。

「よおー、お前もセンター受けるんだな」
「あ、カナタ…、あのさ…」
「どうした、受験票なくしたとかそういうアレか」

「受験票に顔貼ってなくて入れないんだけど」
「…」

ウロウロしているだけで解決するはずがないのは誰が見てもわかるのだが、本当に過失を起こした人間というのは冷静な判断が出来ないものなのかもしれない。
僕は彼を連れて受付に走って状況を説明すると、本部に連絡した後で、その場で写真を撮ってプリントアウトしてくれた。なんという親切。
その時彼が言った言葉を、僕はいまだに覚えている。

「写真代ういた」

(つづく)
※あんまマネしないほうがいいと思います

2009/01/17 22:27 | 人外正伝。


こいつが見据えるのは…未来ッ!!

なんていうか、昨日すごく下品なことを書いたのですが、えねほ二足歩行さんまでも同じ日に射精について書いてて思わず感じちゃいました///

さて。
明日はセンター試験ってことで、なずなをはじめとした受験生にエールを送ってみたのですが、どうも何か忘れているような気がしてたまりませんでした。

栗 の発言:
うぽっぽ

栗でした。
せっかくなので明日はセンター試験に実際にいた友人のことについて書こうと思います。
受験生の皆さん頑張ってください。リスニングの声はやたらハイテンションです。

2009/01/16 23:46 | 平常散文。


でるた!

アトリエかぐやの「でるた!」やってて気付いたんだけど、これって普通のゲームよりも選択肢が一個多い。

「外に出す」
「中に出す」
「ソックスの中に出す」

→「ソックスの中に出す」

結果、あんまりいい気分ではありませんでした。少ない需要を狙って、「こういうのが欲しかったんだよ!」って大歓喜される例はあるけれど、さすがにソックスの中に出したい変態野郎は一体どのぐらいマイノリティなのか気になります。

以上、口の中でを選んだら、そのあとのプレイも勝手に中で出されて「自由の弊害だ!」とか理不尽に怒る一日でした。

2009/01/15 23:58 | 低温日記。


昨日の続き

てぃる様
>>テキストだけで誰かを振り向かせるなら、腐る程あるテキサイの山に埋もれない内容が必要。

そのとおりだと思います。それとは別にReadMe!などのテキストサイトへの窓口がなくなったのはテキサイの衰退の拍車をかけた気がします。見るきっかけがまずないというか。

>>日記系テキストのみのサイトの需要は衰退の一途を辿る他にないと思いますよ。 悲しい反面どうすることもできない。

本当に衰退しかないのでしょうか。ReadMe!の後継サイトを作ったところでいかんせん母体数から言って全盛期に戻れるとは到底思いませんが、僕の中ではまだ何か、何かきっかけがあればと思っています。まだ頑張ります。

てなわけで、まともなコメントどうもでした。やはりしつこさだけが取りえの僕としては、もう少し何か考えていきたいところです。

2009/01/14 23:46 | 平常散文。


テキストサイトに明日はあるのか

テキストサイトもテキスト系ブログも、正直言って需要が殆どない。僕のような弱小と呼ばれるブログを運営する人は、この事実には大抵は気付いているけど、見て見ぬフリをしながら更新を続けるのが現状だ。

テキストサイトは2000年ごろ、ネットの普及と同時に爆発的に広まっていった。当時のインターネットといえば、当然ながら回線が遅く、速度から言って動画サイトなんてあるはずもなかったので読み込みが早いテキストサイトが流行ったのは当たり前だったのかもしれない。

そして2009年現在、ネット環境のある中高生が何をするのか。知り合い数人に尋ねてみた。
驚くことに殆どの中高生は「ニコニコ動画」と答えた。見ているだけで飽きないのだと言う。他にはネットゲームなども多かった。これも低価格ハイスペックPCの普及によるものだろうか。

で、聞くまでもなかったデータを元に何が言いたいのか。やはりネットを職としない人間がネットに求めるものは、利便性・娯楽性なのだ。さらに言うなれば中高生は利便性なんていらないし、娯楽に走るのである。ここまでは2000年となんら変わりがない。
ただ、その娯楽において動画というジャンルを選択できることが、昔と今の大きな違いである。

「テキストは読んで解釈して楽しむ」
「動画は観て聴いて楽しむ」
もともとの主題が娯楽であるのに、わざわざ面倒な過程(解釈する)を行ってまで楽しみにしようとは誰も思わないのだ。
もちろんここで、「皆が皆、テキスト離れしたわけではない」との意見もあるだろう。そりゃテレビと本の関係を見ればよくわかる。テキストと動画もまた、同じ土俵で比較するものではない。
しかし、我々が練ったテキストを公開し、それを楽しみ読んでもらおうと思っている対象の大半は、すでにテキストの界隈にいないのである。というよりテキストサイトという文化を知らない。

テキサイを知っている人だけに見てもらえばいい。自己満足でいいから書くことを続けたい。
こういう意見もよく聞くけれど、内心では“出来ればたくさんの人に見てもらいたい”というのはテキストを書く上での殆どの人の願いだと思う。
ただし、上にも書いたとおりテキストを知らない人たちを振り向かせるには、思った以上に頑張らないといけないのは目に見えた話である。
そういうわけで、『一人ではなく皆で』と言ってヅャンプを打ち出したわけであるけれど、どうもまたここも行き詰ってきた感を隠せない。これから相当に頭を使っていかないと半年もつかもわからない。

こうやって、今も誰かが他人に向けたテキストを書くのならば、その熱意は自己満足なんて自虐的に称して無意味にしてはいけないものだと僕は思う。一番最初に書いた、“需要のないモノ”から“需要のあるモノ”へ転機するにはどうしたらいいか、最近そんなことばかり考えている。

2009/01/13 23:59 | 平常散文。COMMENT(2)


フルHDテトリス

フルHDテトリスをずっとエンターキー押しっぱなしにしてたらアートっぽくなりました。(クリックで拡大)

hd.png

2009/01/12 23:44 | 平常散文。


トイレにいきたい 03

(3)
これは何かの夢だろう。

決戦当日。朝からYourFileHostの規制にイラムラしていると成くんからメッセージが届いた。
「ついに今日か」
「うん」
「調子に乗りすぎるなよ」
「うん」
「間違っても卒業とか考えるなよ」
「うんこ」
言いたいことは済んだので行く用意を済ませる。テレビでは朝のニュースからクリスマス特集だとかでいつもより楽しげだ。これを見るたびに陰鬱な気分でザッピングしていたおれだが今年は違う。
財布も持った、携帯も充電した、ゴムは買えなかった。そしてこないだ騙されて買った衣類を身にまとっていざ臨戦モード!…の前にやっぱりYourFileHostで白石ひよりの現役時代を拝むことにした。おああジーザス。
成くんにはあんなこと言われたが、期待しちまうのが男という生き物なのだ。今日だけは抜いてられない。ひより様が脱ぎだす前にPCをシャットダウンさせ、自転車の鍵を掴んで家を出た。

勢い余って外に飛び出してみたものの、待ち合わせ時間は13時からということで、しばらく街を徘徊しつつ昼飯の場所を考えることにした。駅ビルの大階段では奇妙な姿をした一団が輪になって踊っていた。何が楽しいのやらおれにはわからないがクリスマスなんてそんなものなのだろう。結局駅ビル内にあった佐世保バーガーを頂くことにした。
期待以上の昼食をのんびり食べていると、携帯が鳴った。先日、専用の着メロ(1k音)に設定してあったので師岡からのメールというのはすぐにわかった。
『あ、なんか15分ぐらい早く着きそう。近くの本屋入って待ってるね(笑顔)』
時計を見ると12時半をまわっていた。しまったのんびりしすぎた。セットで付いてきたポテトを口の中に放り込んで店を出た。本屋まで自転車で走れば10分で着く。おれは寿命を縮めるほどの気持ちで自転車をこいだ。途中でおっさんに舌打ちされてからは速度が落ちた。
到着して本屋を見渡してみても、師岡らしき人影はなかった。どうやらこっちが早く着きすぎたようだ。はあはあと鼻息を荒げながらジャンプを読むのも何言われるかわかったもんじゃないので、適当なファッション誌を見ることにした。うっはこの読者モデル、マジで雰囲気イケメンだな。

ほう…、孔雀は堕天使の象徴なのか…。
また新たなモテ情報を得たおれは後ろから声をかけられるまで何も気付いていなかった。
「や」
「お、お、おこんばんわ」
「まだ昼ですよ。寝起き?」
「そんなことは、ははは…」
おれの悪い癖が始まってしまった。どう頑張っても異性と自然に会話ができないのだ。中2のときに隣の席の女の子に話しかけられたときも、高校のときの可愛かった先輩も…、全てはこの性質が災いしておれからどんどん離れていった。そしてきっと今回も…。
「じゃあ行こっか、あんまり時間ないし」
しかし師岡は、そんな出来損ないの男に微笑みかけて、店の外におれを連れていった。なんだ、何が目的だ、詐欺か、壷か、英会話セットか、宗教団体なのか…。
師岡はさくさくと人ごみを抜けて前へと進んでいく。一連の不安をかかえつつも、それに置いていかれないように必死でついて行くおれ。嗚呼ほんとに情けない。人ごみは苦手なんだ。AV女優に男優が取り囲んでる構図をたまに見るけれど、あれは一体誰が楽しい思いをしているのかがわからない。リコピンだってキモい男は嫌なはずなのにどうしてあんな酷い仕打ちを…。
妙なトラウマが何かと混ざってしまった頃、ついに地元ではポップコーンがまずいと悪評の映画館に到着した。

「で、さ、何見るの?」
師岡の足は止まらない。
「あれ?」
思わず声に出てしまった疑問が、師岡を振り向かせた。
「どうしたの?こっちですよ?」
いつもと変わらない敬語がおれを呼んだ。やはり…俺の想像は杞憂ではなかったのだ。このあと怪しげなオフィスビルにあげられて、知らない男たちに囲まれて、ガッシボカ宮田は死んだスイー…
「着きました。早く入らないと始りますよ」
「ん?」
そこは、確かに映画館の入り口であった。しかしおれが頭に描いていた普通の映画館ではなく、その正反対に位置する…、ポルノ映画館だった。看板にはでかでかと『人妻アヤ・路地裏の密談/他豪華3本立て』と、どう考えても90年代のキャッチコピーが唸っている。
おれはなにがなんだかわからなかった。平然とした顔でいる師岡は一体どういうつもりなのか?何かの罰ゲーム?店長はこの事実を?ていうかこの優待券で入れるの?あれ?ていうか師岡さんもう勝手に入ってるしあれ?あれ?

「3000円になりまーす」
やる気のない受付のおっさんに金を支払い、師岡を追った。いろいろと考えることはあって混乱していたが、おれには今となってはもはや彼女しかいないのだ。ていうか優待券使えなかったじゃねえか畜生。
「いて」
駆け足気味に追いかけると横腹が痛んだ。さっきの自転車で相当トばしすぎたせいか、それとも佐世保バーガーのせいか。自分の頭に響く声を無視して走った。

なんだか無性に、トイレにいきたい。

続きを読む »

2009/01/11 22:29 | 連載小説。


ちなみに

・ナイスガイでググると約490,000件中14番目ぐらいに北村の名前が。

・ヤフーでナイスガイ北村と検索してみると、なずなの牛蒡剣からくり。がぶっち切りの一位に。次点ざまくん。グーグルとは真逆なほどの違いで検索エンジンの謎が深まります。

・最近ポケモンが熱いです。wifiで夕方くんとか交換したりしてます。持ってる方はぜひ。ユレイドル・ドククラゲ・ミカルゲの耐久チームはいつも嫌がられます。

・「トイレにいきたい」明日あげます。

2009/01/10 14:57 | 平常散文。


ナイスガイ北村

さて、今日でナイスガイ北村も終わりです。(いろんなとこで書いたけど)

昨日の封筒のアレは、皆さんおわかりのとおり

DSC_0275-u.jpg
(クリックで拡大)

これでした。
実は一時間ほどかけて、キャッチコピーをもっと考えてたのですが、

手にとって初めてわかる本当のリアル――その先へ。(unko classic)

とかなんとか自分でもよくわからねーぜ状態になったのでシンプルにまとめました。

うんこにここまで情熱を傾けるのが馬鹿らしく感じてやめました。三日以内には郵送するつもりですが、まだ忌々しく家にあります。
協力していただいた(うんこが糞ほど余っていた)ヨシュアさん、本当にありがとうございました。ただのメール返信も閉会宣言と称して勝手に載せちゃいました。まあうんこだし大丈夫だろう、うんこだし。

皆さんお疲れ様でした。

2009/01/09 23:55 | 平常散文。


宛名のない手紙も

今日、速達で僕宛に郵便が届いた。

y2.jpg

封筒の中に何かが入っているらしい。しかしこのご時世だ。もしかすると爆破物かもしれない。誰だ…誰からなんだ…。僕は封筒を手に取った。

y3.jpg

落ち着け…『偶数』を数えて落ち着くんだ…。
僕は封筒を机にしまった。爆発物なんてチャチなもんじゃねえ。

2009/01/08 23:50 | 低温日記。


世紀末ジムリーダー伝トウガン!

「いってきます…」
「父ちゃん、今日も負けないでね!!」

今日もまた息子のヒョウタが健気に送り出してくれた。ヒョウタは俺に憧れて、つい先日ジムリーダーになったばかりだ。
ジョウト地方のジムリーダー、ツクシくんが就任の挨拶回りに訪れた時は驚いたが、まさか自分の息子もまた若くしてジムを持つことになるとは思っていなかった。

この子もいつか、現実を思い知るのだろう。

親として子どもに現実を知らせることは時に必要である。だがしかし、どんなに必要であっても、純粋に自分のことを尊敬する息子を悲しませようとする親がいるだろうか。

ジムリーダーには給料がない。

この現実にぶち当たったとき、文字通り目の前が真っ暗になった。若かりし頃、俺たちの憧れたジムリーダーは、ジムの裏側で必死に努力をしていたのだ。
俺もまたジムリーダーの生活を続けていく上で、生活が苦しくなるのは目に見えたことだった。だけど…ヒョウタだけは…、せっかくのヒョウタの生きがいだけは護ってやりたい…。


「トウガンさん、挑戦者っすよ!」
ジムの掃除を任せている若手が元気よく挨拶した。
そうだ、俺はこのミオジムではトップの男なのだ。ヒョウタの憧れる男とは、ミオジムのジムリーダー・トウガンなのだ。トップの男が悔やんでどうする。ええい、元気よくいこう!

「鋼使いのトウガン、いざ参る!!」

…ちょ、炎・格闘タイプの猿とか反則すぎるだろ。あ、まって、インファイトは勘弁な、あ、あ、あ~燃えた、あの猿、火炎放射まで使いやがる…。

「このマインバッジを持てばレベル70までのポケモンが…」
「技マシン91の中身はラスターカノンといって…」


「ただいま…」
「あ!おかえり、父ちゃんどうだった?」
「ああ、トレーナーのアキトとかいうのが挑戦してきたが、ゴウカザルなんて返り討ちよ!」
「凄いや父ちゃん!俺、あの人のモウカザルのマッハパンチで負けたのに!」
「はっはっは、ヒョウタはまだまだだなあ…」

こうして私の一日は巡っていく。輝かしいジムリーダーを心に描きながら。

2009/01/07 23:10 | 平常散文。


風邪引き百計

風邪を引いたとき、どうされたら嬉しくてどうされたらウザいか考えていた。

風邪引きに嫌なもの番付(おれ調べ)

1.「大丈夫?」ってメール
2.治るように祈っとくね
3.心配の電話

言わずもがな、口や親指でやれることなんて病人にとっては逆効果でしかない。特にメール。本気ならばメール返す前に看病にくればいい。世界平和でも祈ってろ。

風邪引きに嬉しいもの番付(おれ調べ)

1.リンゴを持ってくる文系少女
2.梨をむいてくれる幼女
3.おでんを煮込みすぎて持ってくる隣に住む大学生

言わずもがな、風邪引きには女性と物品であるという結論が出た。本当は幼馴染って書こうと思ったんだけど古傷がヤバいのでさっさと猫と布団で寝ます。

2009/01/06 23:56 | 平常散文。


ナイスガイ木村

ナイスガイなんとやらという企画がネット上の一部で行われている。

まあ、2年ほど前に行われた「うんこ↓スペクタクル」の焼き直し企画のわりには盛り上がっているようである。(あまり思い出したくない)
そんなナイスガイなんとか、正月からスタートして今日で折り返し地点なわけだが、どうも皆さん気合が入りすぎてるというか、真剣そのものなのが非常に申し訳ない。

正月のご挨拶の次にナイスガイが出てくるって何よ。一年に一度のご挨拶のスペースの半分を北村で埋めてしまっていいのか。さらにはブログタイトルや自分のHNまで強引に変えてくる兵(つわもの)も一人や二人ではなくて、言いだしっぺの私としては「ごめんなさい」以外なにも言うことがない。

そもそも何処からこの単語が出てきたのかは誰も知らず、記事に使おうにもフィクションの北村さんを出せばいいのか、単なるナイスガイを自慢すればいいのか、皆さんとても迷走してるようで相当いろんなキャラクター・北村がブログで生まれているようである。

これって凄い嬉しいことだな、と倒錯しながらも私は思う。

2009/01/05 23:17 | 平常散文。


明星オリオン

・ブログに太字が目立ちますね
→なんかちょっと昔を意識してみました。一年ぶりのタグでソワソワします。

・今年も…
→初オナは姉汁でした。いい加減3年連続というのは飽きてきます。

・ホリエ氏のブログにて
→セックスという単語があがる度(しかも頻繁)に現実を思い知ります。

・いきものがかりに飼われたい
→気まぐれロマンティックのPVの低予算っぷりは凄いです。

・テキストサイトに需要はない
→とんでもないこと言い出しました。後日まとめます。

・空を飛ぶ
→予想以上にラジコンヘリが楽しいです。まだまだ遊びます。

・遅ればせながら
→今年もよろしくお願いします。

2009/01/04 23:31 | 平常散文。


空を飛ぶ

昨日、電化街をフラフラと出回っていると見つけました。

DSC02632-b.jpg

一見、それっぽいラジヘリですが価格が3000円という超ロープライス。日本語の説明書すらありません。
名前は『FLY DRAGONFLY2』、直訳すると「飛べ!トンボ2!」となります。中国も本気です。

DSC02633-b.jpg
(何がトップランキングなのだろうか)

リモコンもこんな感じで死ぬほど簡素な作り。そのくせ乾電池8本というフルパワー仕様となっております。

で、実際に飛ばしてみました。



結果は惨敗でした。

まず第一にリモコンでできる操作が「浮上・エンジン停止」の2つしかできませんでした。リモコンの横ボタンの意味って何…?
そして動画を見るとわかるのですが、自転します。カメラを搭載してみたのですがあまりに高速回転しながら浮上するために全く映像らしいものを残すことができませんでした。

予算を1万円以下に抑えた空撮は夢のまた夢に消えたのでしょうか。

(つづく)

2009/01/03 13:21 | 低温日記。


秒速5センチメートル

と言えば聞こえはカッコイイものですが、実際に時速に置き換えてみると「時速0.18キロメートル」と何とも微妙な数字になります。上映開始30秒ぐらいでこれを言うのはまずかった。

で、まあ、ここからは僕の感想なので適当に読み飛ばしてもらって構いませんが、内容は普通でした。普通の流れ・普通の展開で特に非難すべき箇所がなくて絵が綺麗だったから評価されたんじゃねーのかなあと思いました。
それと相当なジブリ意識が見えました。(空中から田んぼを駆け抜けるとか)
ただ最後の終わり方はややブラックで、主題歌と謳われつつもほとんどメインのようになっている山崎まさよしの「One more time,One more chance」が心に響きました。
最終的な感想としてはレンズフレアが最強でした。

「私の秒速は166センチメートルです」なんて元ネタすら危ういことを口走りまくってたら誰も相手をしてくれなくなりました。ははは、いい新年です。明日は公園でヘリを飛ばします。

2009/01/02 23:55 | 平常散文。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。