えあぱそリターンズ 2008年05月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


クラスメイド

秋元「スペルマって何ですか?」
おれ「精液のことだよバーロー」

女子「ザーメンって何ですか?」
おれ「え、え、え、えーと…ザーサイとかはいったラーメン…?ごめんよくわかんないや。頼りにならなくてごめんね」


この差はなんだろう。いやまあ、仮に女子大生が二人いたとして、片方は普通のおしとやかな体も熟れてきた(jkにはありえない、むしろさせない)女子大生と、もう片方は口を開けば「うんこ!」の女。あなたはどちらを選ぶだろうか。一般人は女子大生は高貴なイメージを持ち合わせているらしい。だがしかしうんこしか言わない女子大生(10代)だって存在するのだ。あなたはどちらを選ぶだろうか。

私は決まりきったように後者を選ぶ。


301字/性癖やら何やらが把握されてそうで困る。

スポンサーサイト

2008/05/31 17:49 | 三分企画。


オジロ様が死んじゃった

そろそろアノ日がやってくるのである。私はいつも億劫になる。定期的にやってきては私の疲労感を煽り、時がたてば嵐のように去っていく。

まあ、ヅャンプのラジオの話なんですが。パーソナリティから女性が消えてから次で二度目になりますが、女子大生という餌のみで新規リスナーが獲得できるのか…?なかなか疑問なところではあります。
会話というものは何気ないところに面白さが現れるわけですが、聴かせる内容というものは天然のみではまかり通らない気がしてたまらないのです。とはいえ毎度毎度てきとーに1時間が過ぎていくわけですが。

つまるところラジオをやってて思うのは、声は偉大だッとか思うのです、女子高生の生声とかもう。


296字/更新日時がずれてる?ばかばか気のせいだ!

2008/05/30 16:08 | 三分企画。


電波少女

リーダー(先導者)ではなく、アジテーター(扇動者)を目指すようになったのはいつからだろう。今年の私の目標は「個々を活かすアジテーターとなる」であったのだが、その目標へ遠かれ近かれ前進してるうな気がする。

週刊少年ヅャンプというのも、半ばそういった試みではじめた企画ブログなのではあるが、今現在はそこそこ良好のようで、もう少し入り口が広げられればアクセス数も増やせるのかなあ、なんて思ったりしてる段階である。自分で言うのもあれだがなかなか安定してきた。でもまだ終わらんよ。

以前と全く同じことを書くみたいだが、僕には人に魅せるスキルというのはほぼないのである。つまるところリーダーとしての示しはあまりないように思われる。だから僕はアジテーターに憧れるのだ。彼らと同じ目線で彼らと動いていきたい。


343字/最近驚くほど真面目です。

2008/05/29 12:28 | 三分企画。


利己主張

聞いても無いのに自分を語りだす奴は、なんなのだ。なんなのだ。

特に高校~大学生は凄く個人差が出てくるものだと思うが。僕はどうだろうか。自己主張をしてるようで意外としてない、いやむしろ全くわからない、怖い、どこか遠くの世界へ行ってほしい、などが僕への総評であるかのように思える。で、あるとして。

ちょっと僕の話はおいといて(また…)、冒頭どおりに自分語りを楽しそうにする人は多い。別に批判とかじゃあないけれど、その語りが個人的であればあるほど語り部は面白く、聞き手はつまらなくなってしまうということに何故気付かない。
「バイトが忙しくてさ~」が枕詞で約束や都合に言い訳をする連中は自分が可愛くて仕方がないのだ。二人で会って楽しくしてるときに「I'm busy...」なんていわれたら「Oh...」としか返せないということに何故気付かない。


364字/コメントは嬉しいのですが、馴れ合いは致しません。

2008/05/28 09:13 | 三分企画。


スピンドルばら売り

今日も鯛将は飛ばしていた。

(開店直後に)「そろそろ売り切れるよおおおおお」
「うなぎが~なんと100円!!!あ、1000円!!!!」とかなんとか。

そんなバイト先ではあるが、早くも辞める決断をした。本当に早いが飽きたわけではない。カナタ・ジョバァーナには夢があるッ!と言い切れたらかっこいいのだが、いまだ不安定かつ不鮮明なのでここで言い切るのはやめておくが、どうにかやりたいことに向かって頑張ってると思ってください。

そろそろ店長に辞めることを告げなければならない。タダ働きになっても構わない。ただ、野菜売り場でハルヒを見たり、ゴーヤオナニーする女子高生を妄想したり、ネギ抱え込んでみっくみくにとか言って誰にもわかってもらえなかったりした思い出はなかなか良いものだった。


332字/頭から5部が抜けません。

2008/05/27 23:57 | 三分企画。


結局さよならリミテッド

頑張ることが与えられる生活は、どうもあわない人間らしい。課題があるから勉強を頑張る。未来を謳われて我が身を鍛える。自分のためと自己解釈すればそれはそれで良いのかもしれないが、僕はどうしてもダメなのだ。

じゃあ僕みたいな人間はどうなっていくのか。一つはただ何となくだらだらと生活するのである、というかニートか。もう一つは自分で頑張ることを見つけて切磋琢磨していくってやつ。俺はこの二つだと、だいたい半々ぐらいの割合の半分ダメ人間なので注意が必要である。拒絶癖はないけれど、与えられたことに興味がないのは本当にしないのだ。社会的にいろいろアウトだと思う。

と、真面目に講義を受ける大学生のブログを見て思っていました。君は偉い。親の金で豪遊するスイーツよりは遥かに偉い。そしておれは社会が憎い。


342字/初恋限定。が打ち切られたッ!

2008/05/26 23:51 | 三分企画。


距離感と私

 対人には距離感が存在するッ!!と至極当たり前なことを言ってしまうが今回はこれについて書きたい。

 距離感とは言ったものの、間合いと言ったほうが正しいかもしれない。人と人の接する間をいかに適当(いい意味で)にするかが肝心要となってくるわけだが、こいつがどうも出来ない人が多い気がする。タイマンを前提として多少考えてみよう。

 人と人の距離感というやつは結構なもんである。憧れだった噂の上級生もいざ寝取ってしまえばただの陳腐な男性へと変わり、今までただの幼馴染としか思ってなかったあの子が突然接近してきて「コイツ…こんな可愛かったのか…」ってなるような事象も数件報告されているようなないような。

 つまり僕が何を言いたいのかというと、距離感といふものはこういった良くも悪くもギャップを生じさせてしまうわけで、対人(特に個人)との付き合いでは、干渉しすぎず関心も持ちつつなんて姿勢が望ましい(と思われる)わけだが。ああもう面倒だからこれが出来ない人っていうの具体的に書くよ。文句だよ。

 どーいうわけか、連中は他人に介入したがるくせに自分の話をしたがるのだ。他人のエリアに堂々と侵入しては自らの風呂敷を広げようとする。おめーは花見の観光客か。「ブルーシートはみ出ちゃうんでちょっと寄ってくれませんか?」じゃねーよ。ともかくそういった人は自分よりまず他人の動向を少しは見たほうがいい。そればっか見て動けない奴も駄目だと思うけど。ああもう頭にお尻しか浮かんでこないよ!

つまるところ距離感どうのというよりも、自分が好きなのはわかるけれど相手の話も聞かないと大変だよ☆ってことでした。役にたたねー。
接近するのはわかるけれど、それによって違和感が生じるとせっかく立ちかけたフラグもぶっ壊れます。ドッキドキだね!


 これはイケる!と思って女の子に詰め寄ったら突然そっけなくされたカナタがお送りいたしました。

2008/05/25 00:37 | 休日駄文。


雨、夜間、車上にて

本日もまた、バイトにいそいそと出かける私。晴天である。
気分をよくしての帰り、突然の雨に降られてしまう。けっこー濡れたが悪い気はしなかった。
そしてバイクの学科のほうに出かける、この頃は雨もあがり小鳥のさえずりが聴こえる。もう大丈夫だ。街に飛び出した。帰るころには大雨に変わっていた。

晩飯をはさんで三度目の外出。夜のバイク練習は怖いが早めに取っておきたいので再び教習所へ。雨は…上がっている。しかし僕は傘を持っていくことにした。雨にもう降られるのはウンザリなのだ。
ひいひい言いながら平均台の練習を終え、いつもの自転車にまたがろうとしたらあることに気付く。雨が降ってきた。大雨だ。私は傘を取り出す。はずが盗られていた。


306字/二度あることは三度の話でした。

2008/05/24 07:05 | 三分企画。


スラップミー

おれを自由な人間と解釈すると同時に非常識的と認識する人は多い。それはいい。ベリッシモいい。
ただ非常識とは完全な自由であると勘違いする連中が多くて困る。常識を踏まえてこその非常識の在り方というヤツが間違った方向に受け取られることは僕としては至極悲しいことである。

そりゃあ、俺は傍から見ればどう考えても無茶苦茶な奴でしかないことはわかり切ってはいる。が、だからと言って俺に対して何してもいいなんてことは誤ってるわけで。さらに言うならば俺にも一応予定というものがあったりするわけで。昼飯も晩飯も教習も何かいろいろすっぽかされるとあとは寝るしかない自分が酷い。


276字/そーいやオナ禁してません☆み

2008/05/23 23:25 | 三分企画。


鯛将(店名)

俺は響鬼だ!ってことでバイクの免許を取ろうと思ってそそくさに教習所に通いだしました。モンスーマシンにモンスターみたいな女性が乗ってるのが見れただけで感動ものでしたが、僕の飲み込みは良くも悪くもないようです。二輪こわい。
で、のんびりジュース飲んでるとアナウンスが鳴ったのですよ。ぴんぼんぱんぽーん。

「ただいま~、教習所内におきまして~、卒業生による~、大型バイク試乗を行っております~、危険ですので~、絶対に枠内に入らないでください~」

同じアナウンスが二度も流れた。


232字/無理して長文かかなくても良いことに気付きました。

2008/05/22 23:10 | 三分企画。


ギアリゾ

返り咲ける能力があるッ、てことで一応5部を読破したわけですが。この私すごいものを発見してしまいました。最初はディアボロがディアヴォロだったり、ベルチだったりヴェルチだったり、チョコラートだったり、そんなチャチなもんではないのです今回は。

僕が5部で一番好きなキャラはメローネ君なのですが(変態だから)、彼の画像を欲しさにぐぐっていると凄い領域まで到達してしまいました。「ギアリゾ」つまりはギアッチョ×リゾットのカップリングなのです。
「うはwwww腐女子すげえwwwwww」とか言ってられないぐらい想像力に感服しました。

興味のある方は”ギアッチョ 受け”とかでググると美男子なギアくんがお迎えしてくれます。本当に見たらびっくりしました。ギャグ漫画び


321字/最後の一文は気にしないでください。

2008/05/21 23:59 | 三分企画。


Dote Dotty Doubt

…なんて英語の辞書かってもらった中学生がつけるようなタイトルだが、至極どーでもいいのだ。せっかくなのでタイトルのお話。

ブログやテキストサイトを毎日つける人にとってタイトルってのは意外と悩みどころだと思う。そりゃあ毎日考えないといけないわけだ。初めて見た人も「お。」とか思えばなおさら良いのがタイトルなのであるが、僕は基本的に造語スキーなので知ってる言葉を複合させている。

「バージンワーク」とか「最終的性器彼女」なんてのは我ながら最低クラスの複合語だと思う。さてさてどうしてそんなタイトルをつけるのか。僕の友人は昔こう言いました。

彼「これが大事なんだよ。つまりは生活の浅知恵だよな!!」
皆「…」

ともあれ、それ以来わたしはセリエAじゃなくて何か間違った日本語を堂々と言う姿勢に憧れるようになったのです。


353字/久々にジョジョ5部を読んでいます。

2008/05/20 22:33 | 三分企画。


バージンワーク

僕は野菜売り場で働いている。でも野菜はそこまで好きじゃない。野菜なんて団地妻のオナニーグッズでしかないと、ふれ君が言い放っていた。それもどうかと思うが。

して、僕は毎日元気に頑張っているわけではあるが、隣の魚屋の大将が面白い。「いらっしゃいませー」と元気いっぱいに客に笑顔をふりまいている。それはとてもいい。だがそれだけじゃあない。
あまりに彼の発言がおかしいので、毎回メモをとっていると店長に仕事熱心な奴だと思われた、やったぜ☆

以下、大将。

「いらっしゃいいいーーーー今日はいい天気だよーーー」

「魚ーーーー魚ーーーーーーーー!!」

「ハンバーグが安いよーーーーーー!!!」


こういったシュールでありたいものである。天然はずるい。ちなみに僕の買ったマグロハンバーグは海外


334字/魚屋で働けばよかった。

2008/05/19 00:48 | 三分企画。


メールと私

 我らが平成生まれのコミュニケーションの在り方をやや真剣に考えてみようその1、メールでの付き合い方。

 とあるブログで高1かそこらの人が、「女を落とすメール術」たるものを公開している。これを最初に見たときに(きっと大多数もそうだけど)違和感を感じた。メールで女を落とすのか?と。
 彼の言い分はこうである。面と向かって話せないならメールで想いを伝えちゃおう、と。あらま。どこからつっこんでいいかわからんので、あえてスルーするけれど、この感覚は10代の何割方ぐらいに蔓延しているのか非常に気になる。僕のまわりは少ないけれど。

 そもそもメールというのは交流のツールであって主軸ではないと思うのだがどうだろうか。漠然としたイメージでしかお伝えできないけれど、文字列の送りあいに密度が濃いとは到底思えないのである。
 でもそれは僕のイメージであって最近の10代のイメージはやや違う方向になってきている感もいなめないのである。メール恋愛…だと?って感じなんですけど、僕だってメールで彼女ほしいんですけど!!

 どうせメールは同窓会しよう、CD貸してくれ、うんこ、ぐらいの三パターンで分類できるほどしかこないんだけども僕もメール術に習って恋愛してみようと思います。実録気味のドキュメンタリーにしてやる気は満々でございますが、やる気に反比例して予想通りの結末になることうけあいです。

乞うご期待!

2008/05/18 00:00 | 休日駄文。


理性vs本能②

客も少ない暇な平日、カーペンターズしか流れない店内。そうしてる間にも僕の脳内チンゲン祭はヒートアップするばかりであった。

以下チンゲン祭。

--ドクン
おれ「だ、だめだ…体が動かない…」
本能「ほらほらどーした、お前の考えてることは一つだろう」
理性「待ちなさいカナタさん、貴方の今すべきことを考えなさい」
おれ「おれは…おれは……」

理性「よし、その調子で字間をつめるんだ、いいな!!」
本能「うっとしい理性め!」

本能「くらえ必殺、マンゴで切ってる商品名もあるんだから今更どうでもいいだろアタック!!!11」
理性「うわあ、やられた」
本能「よし、邪魔者は消えた、あとは実行するだけだカナタ!!!」


店長「あ、そろそろあがっていいよ」
おれ「わーい」


314字/そろそろバイト辞めそうです。

2008/05/17 23:59 | 三分企画。


理性vs本能①

青梗菜、こう聞くと普通の葉野菜に聞こえるだろう。もちろんこれだと多数の人は何のことだかわからない。よって店内ではこう表示する、「チンゲン菜」と。

今日はチンゲン菜のテロップを書けとの指示をいただいた、以下戦い。

理性「いいか、そのまま書くんだぞ。チンゲン菜だぞ」
本能「おいおいまてよ、チンゲ ンだろ?」
理性「…本気か本能よ」
本能「俺が嘘をつくとでも」
理性「そんな小学生でも真っ青な発想が本能だと言うのか…」
おれ「おれもびびった」

理性「ええい、カナタよ、惑わされずにそのまま書けよ!いいな!」
おれ「で、でも…」
本能「ほーらほら、ちんげで切るんだぞひゃはぁ!」
おれ「うわ、うわああ、うわああああああ」


295字/意味のわからない展開のまま続きます。

2008/05/16 23:55 | 三分企画。


七色サンバイザー

ひびきゅ の発言:
シャツにカレーうどんはねて

ひびきゅ の発言:
むかついたから 口に含んだ牛乳ぶっかけたら

ひびきゅ の発言:
においが消えない


65字/ちょうど3分ほどの出来事でした。

2008/05/15 23:53 | 三分企画。


四日間の輝石

キリエ・エレイソン、キリエ・エレイソン。私は宗教は特に興味はないが、たまには神に許しをこうてみようと思う。

嗚呼、我が息子。可愛い可愛い我が息子。どうしてお前は過ちを繰り返すのだ。嗚呼、我が息子。可愛い可愛い我が息子。お前は先日のお触れを見なかったのか。それならば反逆罪と言われても仕方がない。私はとてもとても悲しい。主よ、我が卑しい息子を許したまえ。嗚呼、そして我が息子を止められなかった私をも許したまえ。私はとても悲しい。

オナ禁を初日で失敗するとは思ってないよ、マジで。なんなの、イクイク動画がもうサービス停止ってなんな


261字/今月いっぱいは頑張ります。

2008/05/14 23:17 | 三分企画。


誕生費

ハッピバースディトゥーミィ。ついに誕生日を迎えました。昨日の続きで、「当日こそはミラクルがきっとくる…!」て信じてやまなかったのですが、何もありませんでした。暇すぎわらた。

本当に暇だったので、(自腹で)ヘッドホンを買い替え、(自腹)でサングラスを買い替え、(自腹で)CDを買い、(別腹で)気持ち悪いぐらいケーキを食べました。狙ってませんよ!マジでマジで!!!

そんなこんなで孤独すぎました、とオチをつけようとも思いましたが意外と祝福メールがきて嬉しかったです。そんでせっかくメールもらったんだから、おめでとメールの数だけ何かしてやろうという話になりまして。クリ君いわく「射精かオナ禁」とかいう究極な二択を迫られたわけでして、最初は射精もいいなあとかふざけてたんですが、笑えないぐらいのメール数になってきたのでオナ禁します。あと5分で今日が終わりそうなのにたむさんからメールきて二週間ぐらいオナ禁になりそうです。


404字/今宵、オナニーに別れを告げます。

2008/05/13 23:58 | 三分企画。


ゴキゲンな腸になって

「あの…、明日会いに行っていいかな?」

「なんでだよ、面倒な」

「たまには好いじゃない?」

「えー、久々に寝たいよ俺は」

「…馬鹿」

「なんだよ突然」

「ププププレゼント直接渡したいのよ!」

「ああ、そーいや誕生日か」


って期待をして予定を全く入れなかったのですが、予想通り全く暇すぎる一日となりそうです。うんこ。

…と、mixiにも書いたのですがあまりにも空しかったので自分を祝いました。


200字/呪いましたの間違えでした。

2008/05/12 20:56 | 三分企画。


恋愛と私

 だらだらと恋愛論を語るほど偉くも若くもない。これから書くのはただの私個人に限った恋愛観である。

 小学生の頃は好きになった子は問答無用で好きであった。動き全てが可愛かったし美しくもあった。中学生の頃は好きになった子には大体恋人がいた。しかし見る目がある自分と勝手に解釈して慰めていた。
 高校生の頃からである。どこかズーレーだしたのは。最初のころは純粋に女性が好きであった。ぷりぷりと私にひっついてくる彼女も可愛かったし、自分に従うということに恍惚感も得た。しかしそれも途端に飽きてきて背徳に走ったりもした。「よかったのかいホイホイついてきて」と平気で言えた時期があったのは今では怖いことである。で。

 今現在、真剣そろそろ20代の私としては世間一般に言われる恋愛がどうもできない体質になってしまったらしい。(こないだ言われた)
 ま、これは書くより実際まわりでイチャついてるスイーツとまではいかないけどリア充の方々を思い描いていただきたい。あれを一時的に普通の恋愛とした場合、私自身がズーレーだと思う部分は約1点。

・束縛しない(されない)

 しないのだ。絶対しないしされないしさせない。どうして男性と会うことは許されて他の女性とはプライベートで会っちゃいかんのだ。機会の喪失、経験の不足、いいことがあるのか、マジで。当然、彼女のほうだって男と遊ぶも寝るも全ては自由である。私にとってプラスになる女性は、私に依存して時間を無駄にする必要性なんて皆無なのである。なぜそれが伝わらない。なぜ私に尽くそうとするか。なぜ、手を繋いだらそこで足を止めて安心してしまうのか。もう私はそこにいないのに。

 大雑把に言えばこれが私が「恋愛体質じゃないね」といわれるゆえんであるのだが、普通の感覚をお持ちの方はどう思われるだろう。これが俺なんだけどなあ。
 数行上にも書いたけれど、安定安心というものが苦手なのである。だってまだ10代だぞ。これからの出会いや機会や考えを規制し束縛するってどういうことなんだ。そもそもお前らが一番好きなのは結局は自分だろう。聖人君子と言い張る前に自分の成長を感じるほうが大事なはずじゃないのか。

 ああ、またしても言い分が一巡してしまった感があるが、私はそれだけ言いたかったのである。これを見た人が(いると仮定して)私のことを破綻者だの不純だのどう言おうが構わないが、これを直すべきなのかそのまま突っ切るべきなのか自分が一番わかっていないから問題なのだ。

 女性関係についてもっと端的に言えば、「貴方の全てが好きです」なんていうサイコちゃんはご勘弁なのである。意外と多いんだが。女性はマゾが多いだのそういう問題ではなく、私は自分が相手されないような人間が好きなのだ。来るもの拒み、去るもの追い続ける。そして追い続けた結果、立場が逆転してしまうとそれは私が好きになれない対象に変化してしまうのだ。酷い言い様だが、攻略したエロゲは二度とやらないのに一番近い感じかもしれない。どないすりゃいーんだ。

 「僕は君が僕を嫌いなところが好きで、僕は君が僕を好きなところが嫌いなのだ」と本人に言い放ってしまう現段階の自分の思想が最も難儀であるように思われる。

2008/05/11 00:00 | 休日駄文。


空色で伊豆

「この漫画、どこが面白いのかあんまりわかりませんね」
「アニメはすげ~いいんだよ、主人公が超かわいいの」
「その趣味はちょっと理解しかねますね」

「…あのさ、好きだよ」
「え?突然どうかしましたか?」
「好きだよ、君が」
「だからどうしたんですか?」
「好きなんだって」
「意味がわかりませんよ」

「好きなんだっt
(言えない…、理由はただ単に鳴子ハナハルの漫画に出てくる、普段はまじめでおとなしいコなのに突然淫乱になってしまう後輩に似てるから、ついでに言えば同じような展開をひたすらに期待して妄想している、ってことなんて断じて言えない)

「だから…好きなんだよ」
「はあ、そうですか」

そういって彼女は読みかけの「かみちゅ!」に視線を戻した。


309字/ハナハルの単行本は絶対買わねば。

2008/05/10 13:26 | 三分企画。


拡散精子砲

そういや今日、誕生日祝いだ~てことで、そこそこ有名な鰻のお店で昼ごはんを食べてきたんですけども。なんか上から変な服装した人が降りてきて、なんだこの変質者はと思ってたら、船越英一郎でした。別段かっこよくもなかったので、僕の意識は少し味の薄いキュウリの漬物に完全にいってしまってたわけですが、お婆さんいわく「禿げていた」そうです。それしか言えないのかよ、でも鰻ありがとう。

さて。そろそろ私は才能の限界というものを感じてきました。それは何かというと文章に限っての話ですが、3分間でもっときれいにわかりやすくコンパクトに書ける人もいるのに、俺ときたら…っていうことを考えていました。僕はやはりそれほど大した能力はないと思います。だけども、できないからこそ裏方にまわって皆で力をあわせれば面白いのが出来るんじゃないか。そう思ってヅャンプを立ち上げたのでした。僕はこれからも皆さんと一緒にエロゲ


391字/過去最低の〆になりました。

2008/05/09 23:21 | 三分企画。


ホーリー内藤

後鳥羽よーりも本気な!LA・LA・LA LA LO-VE SO-NG!

後鳥羽上皇は有名な歌人でもありました。当然数多くの素晴らしい恋歌も作りました。その彼よりも本気というT.Kこと久保田利伸こそ本当のラヴを語れる猛者ではないのでしょうか。と、意味のわからない理由までつけてしまって俺はいったい何がしたいのかわかりませんが、本当に後鳥羽って聴こえます。それだけでした生きててすみません。

さて、リアじゅうになろうと思いまして、ひとまずBUMP聴けばリア充かななんて結論に達したのですが、フォルダをあさってたら「いか」と「スノースマイル」しかなくて泣きました。冬の訪れを今から感じてて俺のりあ獣はいつになるのって話ですよね、ああ誤字が直したいけど時間が絶対にないからこ


327字/いかっ!いかっ!

2008/05/08 23:56 | 三分企画。


アダルトチルドレン

昨日の記事はとても誤字が多くて大変でした。寝起きパワーってすごいなと思う今日この頃です。さて、昨日はどうも暇だったのでメールを送っていました。動機の意味がわからないかもしれませんが、そんなもんです。

本文:君に降りかかる全ての災厄から君を護るよ。

すぐに返信がきました。これは結婚フラグ…!!!

本文:貴方が一番の災厄です。

セフィロスがジェノヴァだと言われたときばりのショックをうけてしまいました。嗚呼、母さんここにいたんだね。みたいな。続けざまに追撃でさらに愛を送りましたが軽々しく無視をされました。なんかとんでもなく悔しいので誕生日に15人ぐらいに愛してるって送ろうと思います。


288字/全然関係ないけどエッケルザックスを思い出しました。

2008/05/07 20:48 | 三分企画。


ヤる気・その気・誕生日

青春いいじゃないかっ、てことで私の誕生日会を自ら主催して開いてきました。鬼ごっこで賞金をかけてまで動物園でしてきました。こいのぼりを持って走るバカ約20名はいろいろと圧巻でした。当の本人が出費しまくってるのは気のせいとしても、皆さんが集まって楽しんでたことが何より楽しかったと思います。

さて。そういえば17歳のときにずっと好きだった子の誕生日ということに一週間たってから気づきました。今ではもう会えないような関係になってしまいましたが、その当時は「二度とこの日を忘れるもんか!」ぐらいの意気込みで毎年のように思い出してメール送っては、跳ね返ってきて悲しい思いをしました。そうです僕だってこれぐらい気色が悪い青春していた時期だってあるのです。
ともかく、こうやって人というのはしんどかったりした思い出だけが綺麗に忘れていくのかな?とか思ったり疑ったり。


374字/本文中にめがっさいれるの忘れてた…。

2008/05/06 23:00 | 三分企画。


ふぇ~ん減少

昨日の更新は駄文なのに三分…?と思われた稀有な方のために説明しておきますと。GW企画しようぜ!ってことで仲良しのふれ君とゴーストライターごっこしてました。駄洒落とか言わないそこ。でも彼があまりにも違和感なく俺っぽく書くのでここで書かないと絶対わからないと思います。電車にはそんなに乗りませんが。

さてさて、ふれ君の名前が出ましたのでもう少しばかし書かせていただきます。彼とは中2病のころからの付き合いでポトリウうめえwwwとか言いながらちゃっちゃちゃっちゃと撃ち合いをしていたのですがこの頃はお互いお尻あいではありませんでした。それから私がポトリスギルドという名の日記サイトを始めてから彼が常連になっていき、高2でついに感動の出会いを果たしたのです。

ちなみに夏休みは一人暮らしで寂しい彼を慰めに出向いてやろうかと思います。ハッテンは未定ですが、お互い彼女もいない身ですしきがむ


390字/プレセア可愛いよプレセア

2008/05/05 20:35 | 三分企画。


馬鹿は馬鹿を休み休み言わない

満員電車での出来事。

私は目の前にいる女性に触れた気がした。
いや事実触れていた。
ただ誤解しないでほしいのは故意に触ったというわけではない。
電車の振動で手が触れた、というだけの話である。
しかし痴漢が騒がれる今日この頃において「この人痴漢です!」と言われるのではないかと一人ひやひやしていた。
結局何事もなく事は済み、目的地の駅のホームに降りたその時であった。

「こ、この人痴漢です!」

一瞬ドキッとして声がしたほうを振り返ったが、幸い私のことではなかった。
それよりも自分の顔を体系をよく見ろ。
誰かが貴方を痴漢するとは私には到底思えない、まさにリアルシュレックではないか。
仮に男が彼女を痴漢していたとしても、何故男は彼女を選んだのか私には到底理解できない。
どうせ痴漢するのなら、私なら人間の女性にするだ


345字/痴漢は犯罪☆

2008/05/04 23:59 | 休日駄文。


27度の 萌えそうな日

ダーツの旅で、何もない海に華麗に刺さってそこに行く妄想をしました。所さんは海抜1500mまで平気です!とかどーとか至極どうでもいいけど。

心筋梗塞と近親相姦って似てね?って友達に豪語してましたら、無反応で会話がだらーって流れてたわけですが、5分後ぐらいに突然「ないわ…」とか言われてしまいました。時間差攻撃とはこのことを言うのか…。関係ないけど冠婚葬祭セ・レ・マ!って聞いても近親相姦に勝手に変換される僕は普通ですかどうですか。同属嫌悪ってやつですか、もういいや四文字熟語は。

GWです。本当に皆さんはGWです。ベジブル王子ことカナタは今日も元気にピーマンを積みます。エロゲを積むのもうまくなりそうな気がしてきてたまらないです今日は本当に幼女が多くて俺はどうしようかと目のやり場が


338字/僕の休日は7日からです。わっふ~!

2008/05/03 23:03 | 三分企画。


ディナーマスター

レストランで食事をする。これはどこの家庭でもよくある話。ちょっとお高いレストランに行かれたことはあるだろうか。たまたま親父が「行くぞ!」っていうもんで珍しいな、とか思ってたら親父だけディナー券もってました。そんなときの話。

レストランにつき、あたりを見渡すと若いカップルがいた。21とかそこぐらいだろうか、少し女性はそわそわしているが男性は自信たっぷりだ。さも「俺は毎回くってるんだぜ~」と言わんばかりの表情でメニューを見つめている。そろそろオーダーかな?

彼は「すみません」と呼んだ。このあたりで違和感(普通は会釈)があったが見過ごすことにした。彼はぺらぺらと頼みたいメニューを読み上げる、子羊とかリゾットとか。店員は聞く、「お飲み物はいかがなさいましょう?」

「ソフトドリンク」


338字/その場にいたら本当に耐えられませんよ。

2008/05/02 23:00 | 三分企画。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。