えあぱそリターンズ 連載小説。
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


トイレにいきたい 04

第二章 映画館のトイレ

(0)
映画館の静かな廊下に、一人の男の声だけが響く。

「あーあ、イヴだよなあ」
「ていうかよー、俺の携帯『ウ』に点々つけらんなくて、どうしても『イウ゛』になるんだけど、どうすりゃいいのよこれ」
「はー、このネタで今日はいけると思ったんだがなぁ」

佐藤は震えた。寒さのせいではなく、己の空しさに。
全ては四日前、彼女の誕生日に調子に乗ったのがマズかった。

「なー、付き合ってもう三ヶ月なんだしさー」
「ダメです」
「いいじゃんよー」
「ダメです」
「ねーってばー」
「別れましょう」

そして彼女は、永遠の愛を誓った彼女は、「元カノ」という何とも形容しがたい代名詞に変わってしまった。メールは何度かしたがすぐ途切れた。
結局、予定していた約束は全て破棄。腹いせに登録した短期バイトは、いかにも怪しい映画館の清掃になってしまった。

「第一、こんな人の少ない映画館の掃除してどうなるんだよっていうなー」
適当に床にモップを掛けていると、若い男女が入ってくる姿が見えた。
「ん…、なんだよあの若い奴ら。ここはコーコーセイが来るとこじゃねえっての」
ぼやけばぼやくほど、今の自分が空しくなってくる。

それにしても、ここの入館者は汚らしい中年や旅行気分の外人ばかりだったので、今の二人は印象的だった。佐藤は二人のその後を妄想してみたが、売店でマズいポップコーンを売っている社員ににらまれたので、あくせくとモップを振るった。

トイレ掃除が一番だるいんだよなぁ…。トイレットペーパー切れてるけど、もう知らねぇや。よしもういっそのこと女トイレは清掃中にしといてやろう。どうせ女性客とかAVの撮影のときぐらいしか来ないしな。…見たこと無いけど。
あーあ、帰ったらTSUTAYA行ってAV借りまくろう。どうせだから最近話題の滝田洋二郎監督の痴漢モノばっか当日で5本ぐらい借りてやれ。うひょお!

やけに広くて静かな空間は、彼の疲れた精神をさらに荒廃させた。
佐藤は女性トイレの入り口に「清掃中」の立て札を掛け、スタッフルームへと戻って行った。

スポンサーサイト

2009/02/25 20:28 | 連載小説。COMMENT(0)


トイレにいきたい 03

(3)
これは何かの夢だろう。

決戦当日。朝からYourFileHostの規制にイラムラしていると成くんからメッセージが届いた。
「ついに今日か」
「うん」
「調子に乗りすぎるなよ」
「うん」
「間違っても卒業とか考えるなよ」
「うんこ」
言いたいことは済んだので行く用意を済ませる。テレビでは朝のニュースからクリスマス特集だとかでいつもより楽しげだ。これを見るたびに陰鬱な気分でザッピングしていたおれだが今年は違う。
財布も持った、携帯も充電した、ゴムは買えなかった。そしてこないだ騙されて買った衣類を身にまとっていざ臨戦モード!…の前にやっぱりYourFileHostで白石ひよりの現役時代を拝むことにした。おああジーザス。
成くんにはあんなこと言われたが、期待しちまうのが男という生き物なのだ。今日だけは抜いてられない。ひより様が脱ぎだす前にPCをシャットダウンさせ、自転車の鍵を掴んで家を出た。

勢い余って外に飛び出してみたものの、待ち合わせ時間は13時からということで、しばらく街を徘徊しつつ昼飯の場所を考えることにした。駅ビルの大階段では奇妙な姿をした一団が輪になって踊っていた。何が楽しいのやらおれにはわからないがクリスマスなんてそんなものなのだろう。結局駅ビル内にあった佐世保バーガーを頂くことにした。
期待以上の昼食をのんびり食べていると、携帯が鳴った。先日、専用の着メロ(1k音)に設定してあったので師岡からのメールというのはすぐにわかった。
『あ、なんか15分ぐらい早く着きそう。近くの本屋入って待ってるね(笑顔)』
時計を見ると12時半をまわっていた。しまったのんびりしすぎた。セットで付いてきたポテトを口の中に放り込んで店を出た。本屋まで自転車で走れば10分で着く。おれは寿命を縮めるほどの気持ちで自転車をこいだ。途中でおっさんに舌打ちされてからは速度が落ちた。
到着して本屋を見渡してみても、師岡らしき人影はなかった。どうやらこっちが早く着きすぎたようだ。はあはあと鼻息を荒げながらジャンプを読むのも何言われるかわかったもんじゃないので、適当なファッション誌を見ることにした。うっはこの読者モデル、マジで雰囲気イケメンだな。

ほう…、孔雀は堕天使の象徴なのか…。
また新たなモテ情報を得たおれは後ろから声をかけられるまで何も気付いていなかった。
「や」
「お、お、おこんばんわ」
「まだ昼ですよ。寝起き?」
「そんなことは、ははは…」
おれの悪い癖が始まってしまった。どう頑張っても異性と自然に会話ができないのだ。中2のときに隣の席の女の子に話しかけられたときも、高校のときの可愛かった先輩も…、全てはこの性質が災いしておれからどんどん離れていった。そしてきっと今回も…。
「じゃあ行こっか、あんまり時間ないし」
しかし師岡は、そんな出来損ないの男に微笑みかけて、店の外におれを連れていった。なんだ、何が目的だ、詐欺か、壷か、英会話セットか、宗教団体なのか…。
師岡はさくさくと人ごみを抜けて前へと進んでいく。一連の不安をかかえつつも、それに置いていかれないように必死でついて行くおれ。嗚呼ほんとに情けない。人ごみは苦手なんだ。AV女優に男優が取り囲んでる構図をたまに見るけれど、あれは一体誰が楽しい思いをしているのかがわからない。リコピンだってキモい男は嫌なはずなのにどうしてあんな酷い仕打ちを…。
妙なトラウマが何かと混ざってしまった頃、ついに地元ではポップコーンがまずいと悪評の映画館に到着した。

「で、さ、何見るの?」
師岡の足は止まらない。
「あれ?」
思わず声に出てしまった疑問が、師岡を振り向かせた。
「どうしたの?こっちですよ?」
いつもと変わらない敬語がおれを呼んだ。やはり…俺の想像は杞憂ではなかったのだ。このあと怪しげなオフィスビルにあげられて、知らない男たちに囲まれて、ガッシボカ宮田は死んだスイー…
「着きました。早く入らないと始りますよ」
「ん?」
そこは、確かに映画館の入り口であった。しかしおれが頭に描いていた普通の映画館ではなく、その正反対に位置する…、ポルノ映画館だった。看板にはでかでかと『人妻アヤ・路地裏の密談/他豪華3本立て』と、どう考えても90年代のキャッチコピーが唸っている。
おれはなにがなんだかわからなかった。平然とした顔でいる師岡は一体どういうつもりなのか?何かの罰ゲーム?店長はこの事実を?ていうかこの優待券で入れるの?あれ?ていうか師岡さんもう勝手に入ってるしあれ?あれ?

「3000円になりまーす」
やる気のない受付のおっさんに金を支払い、師岡を追った。いろいろと考えることはあって混乱していたが、おれには今となってはもはや彼女しかいないのだ。ていうか優待券使えなかったじゃねえか畜生。
「いて」
駆け足気味に追いかけると横腹が痛んだ。さっきの自転車で相当トばしすぎたせいか、それとも佐世保バーガーのせいか。自分の頭に響く声を無視して走った。

なんだか無性に、トイレにいきたい。

続きを読む »

2009/01/11 22:29 | 連載小説。


トイレにいきたい 02

(2)
おれはLv1の状態で魔王の城に乗り込んだ。

気がつくと朝になっていた。真っ先にパソコンのゴミ箱を確認した。やはりそこにティナの姿はなかった。おれは大声を出して泣いた。
泣いても何もはじまらないので、おもむろに携帯を手にとって確認した。やはり師岡からのメールはあった。その昔、苦肉の策で登録した出会い系サイトからの新着メールの3つ下に確かにあった。
『じゃあ、24日の13時にMUVIXに待ち合わせね!おやすみ(Zzz)』
彼女が何の映画を見たいのかは聞けなかったが、店長の持っているチケットは優待券だろうからその場で決めればいいだろう。最悪ぽにょとか見とけばいいんだきっと。
携帯を閉じてバイトに向かった。クリスマスまでまだ少しあるが、シフトの関係で今月彼女にバイト先で会う日はもうない。
道行く小学生が、おれの愛車(中古3000円)を指差して笑っていた。今日もいい天気だ。

いつものスーパーに着き、さっさと仕事服に着替えて店頭に立つと、店長に後ろからでん部を叩かれた。このオッサン、さっき裏で豆からコーヒー作ってなかったか?
「で、どうだった?」
「どうだったと言われましても…24日になりましたよ」
「イヴじゃねーか、やったな童貞!」
「ちょ、店長声が…」
気付けば、レジ前には髪を紫に染めたおばちゃんの群ができており、目が合ったと思ったら拍手を繰り出してきた。ええいお前ら朝から牛肉買いにきてんじゃねえ。店長も笑うな仕事しろ。
その日はいつもに増してハードワークで、土曜日だからかステーキ用の肉が売れる売れる。毎晩焼肉のタレでもやし炒めて贅沢気分で食べてるおれに謝れ。ていうか半値になった肉買ってくのやめてくれ。残ったらおれが買うんだよ。

「ほれ今月のバイト代」
帰り際に、店長から給料を貰った。
「オマケ」
封筒の底には映画館の優待券が2枚入っていた。なかなか粋なことするオッサンじゃないか。
「ありがとうございます」
「しかしお前、服とかいいのか?」
「え、どうしてですか?」
おれは裸族じゃないんだが。
「どうしてって…、その格好はねーよ」
店長は呆れたようにおれを見た。
「うーん…」
確かにそうかもしれない。高2のときに母親が買ってきた福袋パーカーのローテーションに、15のときから履いてる色あせたGパンだ。
「ま、初デートで張り切りまくって失敗する奴よかマシかもしれんけどな」
店長は陽気に笑っていたが、おれは初めてデートに危機感を覚えた。そうだ、このままじゃ駄目だ。思い立ったがなんとやらだ。おれは給料全部を財布に入れて飛び出した。

「いらしゃませー」
まおうのつかいAがあらわれた!宮田は逃げ出した!
「何かお探しですか?」
しかし回り囲まれてしまった!
「え、あ、ああね、あ、あ、はい、はい?」
宮田は混乱している!
「い、いいえ!後にします!」
「わかりました」
店員さんはおれの動揺には特に気にしていないようだった、ポーカーフェイスなのか、おれのような哀れな人種はすでに見飽きているか。どちらにしても恐ろしい世界だ。
何を買ったらいいのかさっぱりわからないので、適当にズボンを見ているとまたも声をかけられた。
「裾上げしましょうか?」
「あ、は・・は・・・はい」
もう逃げられないと悟ったおれは、このまおうのつかいB(ちょっと可愛い)に話を聞くことにした。
「どんな服きたらいいですかね」
「そうですね~、細身なんでこういうジャケットとか似合うと思いますけど、…あ!それならこっちのズボンかな~、手袋もします?」
「今年はちょっと大きめの服を着崩すのがトレンドだったりするみたいで」
「あ、やっぱりオシャレ上下にやっちゃうと、下着なんかも気にしますよね~、あ?これとかどうですか?今年の冬に入ったばっかりの流行色で形状なんかも凄く新しい感じで…」

「3万8000円になりまーす」
「ありがとーござましたー」

家に帰って、バイト代の半分を投入した衣類をまとってみた。さすがはおれのセンスだ、意外と似合ってるじゃあないか。さてさて大注目の一番高かったパンツ(税込み¥15,640-)は…、パリっとしたズボンの中にばっちりと納まっていた!畜生!!
おれは怒りのあまり眼鏡を握り潰そうとしたが、そんな握力はなかった。

続きを読む »

2008/12/12 16:02 | 連載小説。


トイレにいきたい 01

DSC02573-4.png

第一章 「童貞とトイレ」

(1)
人生最大のチャンスがやってきたかもしれない。

モテない男と21年間も周りから言われ続け、人並みには焦っていた。焦ってはいたがどうしていいかがわからなかった。女性とうまく話せない。社会的に見れば完全に負けとも思われる性質を今まで引きずってきた。
そんな時、バイトの夜勤上がりに店長に声をかけられた。

「なあ、宮田と師岡。今月のシフトとか結構ヒマだろ?」
「なんすか」
「客にもらったんだけどよ、お前らで行ってこいよ」
手渡されたものは2枚の映画の招待券だった。
「なんで私たちなんですか?」
師岡が口を開いた。彼女はバイトの先輩でおれより年下なのにしっかりしている。もちろんおれは彼女に絶賛片思い中だ。ていうか人並み以上の顔立ちの子から数日も優しくされれば童貞なんて簡単に堕ちるのだ。知っておけビッチども。
それにしても何でよりによってこのタイミングで聞くかな…。クリスマス前といえば恋人のいない連中が相手を求めて街をさまよう時期だ。そうホットドッグ・プレスに書いてあった。
「いやあ、お前ら見てると何か寂しそうでな」
「ちょ、そんな失礼なこ」
「…わかりました。宮田くん行きましょう」
突然の言動に、一番驚いたのは当然おれだった。凛とした顔立ち、いつも小奇麗な身なり、誰に対してでも敬語を忘れない師岡…さん。そんな人がバイト先の冴えない男と一緒に映画を行くなんて思ってもみなかったから。しかも相手がおれ。どうなってんのマジで。おうふ神様、もし居るなら俺の秘蔵AVを数本差し上げます。
「お、お、お先っす!その件またメールでッ」

心の中では爆発しそうな想いを隠すように店を飛び出た。12月の夜は寒い。ニュースによると、この辺りでは今年遅めの初雪だったそうだ。白い息が途切れることなくママチャリをこいでいた。
メルアドは初めて会ったときに聞かれて交換した。送ったことはなかったけれど。
帰ってコートも脱がずにパソコンを立ち上げて、早速チャット仲間の成くんに出来事を報告した。
「なんか女の子と映画行くことなったんだけど」
「miya死ね」
「まあ、詐欺かもしんないからさ、一応どうやってメールすればいいか考えてくれよ。女性経験ある奴が童貞に死ねはないわ…」
おれの真剣な想いが伝わったのか、彼はお誘いのメールを添削してくれた。と言っても最初に送る内容なんてテンプレどおりだ。

『はじめまして、おれです。 今日の映画の件、本当に大丈夫なんですか?』
なんという童貞臭。自らのへたれっぷりに苦笑しつつ、震えた親指で送信ボタンを押した。
どうせ返信なんてすぐに返ってこないと思って動ナビを立ち上げた。世知辛い現代社会の情報の海の中、おれは溺れず泳ぎきってやる。まあ、普通に、AVを落としてみようとした。zipを解凍する直前、携帯が震えた。なんだよ禿げ。おれは今からゴールデンタイムなんだよ。
携帯を開いた瞬間、世界が変わった。動画は全部ゴミ箱にいれて完全に削除した。
『メールでおれじゃわかんないよ(笑) 私も久々に映画に行きたかったので大丈夫! 店長に寂しい奴って言われても仕方ないような生活してるから見返してやろう(笑)』
敬語じゃない彼女のメールはびっくりした。それと同時に突然距離が近くなったような気がしてドキドキした。
「なあ、おれやっぱ馬鹿にされてんのかな」
「(笑)が嘲笑に見えちゃうお前も相当毒されてるな」
そう言って成くんは最近のスイーツ(笑)のメール傾向について詳しく教えてくれた。どうやら最近では絵文字のない奴=モテない、みたいな風潮もあるらしい。絵文字の選択画面を探すのに数分かかった。
『そっか、よかった(ペンギン) 楽しみにしてます、日はいつがあいてますか?(コアラ)』
どうだ、これで少しは普通の青少年らしくなっただろうか。腹筋をしながら返信を待つ。
『動物園?(笑) よかったら24日が都合いいんだけどどうかな?』
動物園。すぐに送信済みメール箱を空にした。ええい過去などくれてやる。
ひとしきり恥ずかしさが続くと、あることに気がついた。24日どうかな?かな?
「な、なあ」
「返信きたのか」
「24日にしようって、これフラグ立ってる?」
「俺と代われ」

おれの21年間が崩れる音がした。朝起きて予定を立てる予定しかなかったクリスマスが姿を変えた。デスタムーア最終ぐらいに変貌した。
師岡はちょっと変な女だったかもしれない。男の噂を一切聞かないのは本人に何か問題があったからかもしれない。疑う余地はいくらでもあった。がしかし、生まれて初めて女性とのデートの約束を取り付けたおれは、もはやそれどころではなかった。
『わかりました、じゃあ楽しみにしておきます』
動揺してこう返すのが精一杯だった。返信すら怖くてベッドに飛び込んだ。本当に、本当にデートの約束をしてしまったのだ。しかもクリスマスイヴに。詐欺だったらどうしよう、罰ゲームだったらどうしよう、実は男とかだったらどうしよう。
今更になって、動画を全て削除したことを後悔した。宮田はザオラルを唱えた!しかし柚木ティナは生き返らなかった!おああジーザス。

続きを読む »

2008/11/27 02:58 | 連載小説。


出会いと別れとメロンパンと

top.jpg

一章 鯉界-koikai-⑥

「出会いと別れとメロンパンと」

※写真はここからお借りしました、さんくす!

続きを読む »

2008/10/30 18:25 | 連載小説。


甘い誘惑-side:F-

top.jpg

一章 鯉界-koikai-⑤

「甘い誘惑-side:F-」

※写真はここからお借りしました、さんくす!

続きを読む »

2008/09/12 21:39 | 連載小説。


夕方、襲来

top.jpg

一章 鯉界-koikai-④

「夕方、襲来」

※写真はここからお借りしました、さんくす!

続きを読む »

2008/08/18 10:32 | 連載小説。


変わる世界

top.jpg

一章 鯉界-koikai-③

「変わる世界」

続きを読む »

2008/08/06 00:00 | 連載小説。


時間よ、とまれ

top.jpg

一章 鯉界-koikai-②

「時間よ、とまれ」

続きを読む »

2008/07/02 00:00 | 連載小説。


偽りの平和

top.jpg

一章 鯉界-koikai-①

「偽りの平和」

続きを読む »

2008/06/20 06:11 | 連載小説。


プロローグ

涙こらえて私は今日もsoraを眺める。

soraを眺める。

続きを読む »

2008/06/19 06:19 | 連載小説。


蒼井空-aoizora-

top.jpg

本日、恋空といふものを買ってきまして、私。
それに触発されたので小説を書いてきます。

主な登場人物はほぼ実在するネット仲間なので
ぽつぽつと解説をいれつつやっていこうと思います。

ていうか恋空って普通にサイトで読めるんですね。
→http://tosp.co.jp/i.asp?i=hidamari_book

知らずにわざわざ買ってきたおれは一体…。
原作と並行して読めば、なお楽しめると思います。

タイトルについてはいろいろセーフだと信じてます。

2008/06/17 23:36 | 連載小説。


 | トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。